臨床神経学

症例報告

環軸椎亜脱臼を合併した脳脊髄液漏出症の1例

山ア 直也1), 土井尻 遼介1)* , 山口 枝里子1), 高橋 賢1), 高橋 弘明1), 菊池 貴彦1)

Corresponding author: 岩手県立中央病院脳神経内科〔〒020-0066 岩手県盛岡市上田1-4-1〕
1) 岩手県立中央病院脳神経内科

症例は54歳の女性,立位で増強し臥位で改善する頭痛と後頸部痛を主訴に来院した.33歳時より関節リウマチと診断され加療中だった.頸椎MRIとMRミエログラフィーより脳脊髄液漏出症と診断した.また,頸部X線で環椎の前方突出所見を認め環軸椎亜脱臼と診断した.環軸椎亜脱臼の部位に一致して画像上脳脊髄液の漏出を認め,物理的圧迫により硬膜が破綻し脳脊髄液漏出症を惹起したと考えた.症状は補液により軽快し第25病日に自宅退院となった.環軸椎亜脱臼などによる頸部硬膜の破綻が脳脊髄液漏出症の原因の一つとなりうる可能性が示唆された.
Full Text of this Article in PDF (1640K)      Full Text of this Article in Japanese HTML

(臨床神経, 61:172−176, 2021)
key words:脳脊髄液漏出症,環軸椎亜脱臼,関節リウマチ

(受付日:2020年6月26日)