神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 研修医・一般内科医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

研修医・一般内科医の方へ

  • ホーム
  • 研修医・一般内科医の方へ

研修医・一般内科医の方へ

人口の高齢化やストレス社会の到来に伴い、神経内科疾患の中でも特に脳血管障害(脳卒中)や老年痴呆(アルツハイマー病など)、パーキンソン病、頭痛、末梢神経障害などのいわゆるcommon diseasesの患者数が急増しています。一方では筋萎縮性側索硬化症や脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、筋ジストロフィーといった神経難病の原因究明と治療法開発や、リハビリテーションも神経内科の重要な診療領域です。これらの事情により社会からの神経内科医のニーズが日に日に高まっています。これらの疾患は生活習慣病などの内科疾患とも密接に関連しており、日本神経学会では循環器内科や消化器内科などと同様に内科の専門分野の一つとして、一般内科の知識経験を踏まえた神経内科専門医を教育・育成しています。今後ますます患者数増加が予想される神経内科疾患へ対応できる医師になりたい方や後期研修を神経内科で行いたい方、後期研修後に神経内科を専攻したい方などは、日本神経学会へ入会の上、全国の教育施設(大学病院含む)・教育関連施設での研修をお勧めします。神経内科診療を行っている主要な施設は下記をクリックして閲覧して下さい。

このページの先頭へ