臨床神経学

短報

ウェルニッケ脳症における頭部MRI異常を来す要因の解析

葛目 大輔, 森本 優子, 堤 聡, 山ア 正博, 細見 直永

社会医療法人近森会近森病院脳神経内科

【目的】ウェルニッケ脳症(Wernicke encephalopathy,以下WEと略記)における頭部MRI病変に関して検討を行った.【対象】2008年5月から2022年9月までに当科に入院したWE症例【方法】頭部MRI病変の有無によってMRI陽性群とMRI陰性群と群別した.【結果】WE26人(男性19人,平均年齢63.9歳),MRI陽性群は19人.MRI陽性群ではビタミンB1値が低く(中央値10.0ng/ml vs 29.0ng/ml, p < 0.001),アルコール依存症(Alcoholism,以下ALと略記)が少なかった(29.4% vs 77.8%, p = 0.025).【結論】WEではALを有する症例では頭部MRI病変の出現頻度が低下することが判明した.
Full Text of this Article in PDF (204K)

(臨床神経, 64:361−363, 2024)
key words:ウェルニッケ脳症,頭部MRI,アルコール依存症

(受付日:2023年8月21日)