神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2016
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

神経内科の主な病気

よくある症状 「しびれ」

しびれとは

 「しびれ」には、長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚の場合と、手や足に力が入りにくい運動麻痺の場合とがあります。感覚の異常だけのこともあれば、運動麻痺だけのこともあります。感覚と運動の障害が同時に起こってくることもあります。手足の感覚を脳に伝える神経の経路に病気が起これば、感覚が麻痺したり、刺激されて何も触れていないのにジンジンしたりします。脳から手足を動かす命令を伝える運動神経の経路が病気で侵されると、思うように手足の筋肉に力が入らなくなったり、筋肉がやせ衰えてきたりします。いろいろな病気で感覚神経や運動神経が傷つきます。脳が侵されることもあれば、脊髄が障害されることもあります。脊髄から出て手足の筋肉や皮膚など全身に分布する末梢神経の病気でしびれが起こることもよくあります。侵される部位によって、病気の原因は実に様々です。急にしびれが起こったか、じわじわといつの間にか起こってきたかによっても病気の原因は異なります。内科の病気に伴って「しびれ」が起こることもよくあります。たとえば、糖尿病では末梢神経障害を起こしやすく、いつの間にかジンジン感が起こったり、急に痛みを伴って運動麻痺が起こることもあります。脊椎の病気、たとえば、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症でも、脊髄や、脊髄から末梢神経が出るところ(神経根)で圧迫を起こしやすく、よく「しびれ」がみられます。脳卒中でも「しびれ」はよく出ます。

 このように「しびれ」の原因は実にさまざまですから、「しびれ」が出たら、安易に放置しないでお近くの神経内科を受診されるのがよいと思います。神経内科では、「しびれ」の起こり方、どこがしびれるかなどが尋ねられ(問診)されます。一般内科の診察に続いて神経の異常を詳しく診察します(神経学的診察といいます)。これで大体どういう病気の可能性があるかわかりますので、その後に必要な検査をします。末梢神経の病気が疑われる場合は、末梢神経の伝導速度を調べたり、筋肉の電気的な活動を調べたり(筋電図といいます)します。糖尿病などの原因になるような病気を調べる血液検査もします。脊髄の病気であれば、脊椎のレントゲン写真をとったり、脊髄の画像(MRIといいます)をとったりします。脳の病気であれば、頭部のCTやMRIといった画像検査をします。このような種々の検査で病気の原因がはっきりすることが大部分です。治療は、内科的な治療で済む場合もあれば、整形外科や脳外科などでの手術が必要になる場合もときにあります。このように内科の病気であることも外科の病気であることもありますから、「しびれ」の場合は最初の診断はひとまず最寄りの神経内科にかかるのがよいでしょう。

「よくある症状」の一覧へ戻る

このページの先頭へ