神経内科について

  • 主な病気
  • 専門医一覧
  • 主な診療施設
  • 代表理事挨拶
  • 専門医制度
  • 教育施設・指導医
  • 各種教育事業のお知らせ
  • ガイドライン
  • 神経疾患克服に向けた研究推進の提言2018
  • 医学生・研修医の方へ
  • 入会案内・年会費
  • 各種手続きのお知らせ
  • 会員専用ページ
  • 会員マイページ
  • ユーザーIDとパスワードの変更について
  • 神経用語集
  • 日本神経学会災害支援ネットワーク
  • 神経内科フォーラム

神経内科の主な病気

(症状編) けいれん

 けいれんと聞くと全身けいれん=てんかんを思い浮かべる方が多いと思いますが、全身けいれん=てんかんではありません。まず全身けいれんを生じる可能性があるてんかん以外の緊急を要する病気、すなわち薬物中毒、血糖や電解質の異常、心臓の病気、脳卒中・脳炎などの可能性がないかの判断を優先すべきです。
 一方、けいれんと言っても、全身けいれんでなく、「片方の手足、顔だけがつっぱる、けいれんする」、「手足が一瞬ピクっとなる」、「筋肉がピクピクする」、「足がつる」といった軽い症状を指して、けいれんと呼んでいる場合もあります。
 これらの症状は脳~脊髄~末梢神経~筋肉とあらゆるレベルの病気で起こる可能性があります。患者さんの訴えがどのレベルの障害で生じているのかを明らかにするのはまさに脳神経内科医の役割です。なお、脳神経内科での精査の結果、神経系の異常はなく、精神科的な問題で症状を訴えていることが判明する場合もあります。

脳神経内科の主な病気の一覧へ戻る

このページの先頭へ